岐阜でインプラント治療をお探しの方のための参考サイト

インプラントをもっと詳しく知りたい方へ

ソケットリフトとサイナスリフトどっちがいいの?

インプラントの治療を行う場合、骨量が十分に足りていることが前提となります。
しかし、骨量が足りないと診断された場合でも、
インプラントを無理にあきらめる必要はないと岐阜の歯医者でも考えられています。
顎骨の量や幅などは様々な方法で増やすことが可能です。
骨量が増えたことを確認してからインプラント治療を受けることが可能であると岐阜でも考えられています。

 

顎骨を増やすことを骨造成といいます。
骨造成手術を行ってもらうことで、外科的に顎骨量を増やすための処置ができます。
そのような代表的なインプラント治療のための治療法にはソケットリフトやサイナスリフトとよばれる方法があります。

 

ソケットリフト法は歯の生えていたところから施術を行います。また、歯を抜いたときは、その穴から施術します。
岐阜の歯医者でも、ソケットリフト法はシュナイダー膜までの骨の高さが5mm以上ある場合に用いられます。
この方法はサイナスリフトよりも傷口が小さくてすみ、
処置時間も短くなって痛みなども少ないといったメリットがある方法です。

 

岐阜の歯医者でも約4ヶ月ほどで噛むことができるようになるといわれています。
一方、サイナスリフト法では歯が生えていた部分の側面の歯ぐきから施術を行っています。
サイナスリフト法は、骨厚が 5mmより少ない場合や、
多くの歯の欠損がある時などに行われる方法であると岐阜の歯医者でも考えられています。

 

上顎の歯肉の側面に切開を入れ、骨面を露出させたら、さらに10~30mm程歯槽骨を開切します。
そして シュナイダー膜を注意して挙上し、できたスペースに移植骨などを処置していきます。
3~6ヶ月くらいの期間を設けて、そのあとに埋入体を埋入します。
岐阜の歯医者でも治療期間は約9ヶ月ほどと考えられている方法です。

 

ソケットリフトとサイナスリフトのどちらがよりよいかという点については、
インプラントを希望する患者の顎骨の状態などによって異なるといえます。

 

インプラントのための骨造成手術の方法を選択する際は、
インプラントを希望する患者の顎骨の状態が大きく関わってくると岐阜の歯医者でも指摘されています。
そして、患者の骨量がある程度ある場合にはソケットリフト法が、
骨量が少ない場合などにはサイナスリフト法が選択される傾向があります。
インプラントの治療を行う場合、骨量が十分に足りていることが前提条件になりますが、
骨量が足りないからといって、インプラントを無理にあきらめる必要はないと岐阜の歯医者でも考えられています。

PAGE TOP