岐阜でインプラント治療をお探しの方のための参考サイト

インプラントをもっと詳しく知りたい方へ

自家骨 他家骨 β-TCPどれがいいの?

インプラント治療を希望するけれども、骨量が足りないという理由で
インプラント治療を受けられない場合には、顎骨を増やすことで、
厚みを増やしたり、高さを増やしたりする骨移植を受けられる場合もあります。
インプラントの骨造成において代表的なものに、自家骨や他家骨、β-TCPがあります。

 

自家骨は自身の骨ですので、馴染みやすいといった大きなメリットがある方法です。
しかし、自家骨を使用することによって手術の範囲が広がったりして、
患者の負担が増えるといいうデメリットも岐阜の歯医者で指摘されています。
例えば、体にストレスがかかったり、出血量が多くなったり、腫れてしまったり、
痣などができるので、審美上の問題が生じたり、
免疫力の低下が起こったりすることがあると岐阜の歯医者などでも指摘されています。

 

また、他家骨はボーンジェクトとよばれる牛骨由来の骨補填材を用いて行う治療法です。
ボーンジェクトにはコラーゲン入りの液体が充てんされており、
使いやすい素材であると岐阜の歯医者でも言われていますが、
患者の骨とボーンジェクトが馴染むまでに長い期間が必要であるといった短所も
岐阜の歯医者でも指摘されています。
こうした欠点を補うために開発された素材がニューロスで、
ニューロスを用いると骨と結合する期間は3か月くらいと岐阜の歯医者でもいわれています。

 

また、β-TCPは、β-TCPはリン酸カルシウムが主成分で、骨を増やすために用いられる未認可薬です。
ボーンジェクトと同様、牛の由来の骨補填材が使用され、
3、4か月くらいで骨になるという特徴をもつ物質です。

 

しかし、β-TCPは岐阜も含め、日本で認可されているものが少なく、
国産の人口骨で対応したいといった場合には、
牛の骨由来のものを使用することになると岐阜の歯医者でもいわれています。
このように、インプラント治療を検討している場合に、
岐阜の歯医者でも顎骨が足りないケースでは人口骨が使用されることもあります。

 

骨量が足りないという理由で治療を受けられない場合、骨移植を受け、顎骨を増やしたり、
厚みを増やしたり、高さを増やしたりすることもできます。
これらのうちどのタイプのものが最も適しているのかといった点については、
岐阜の歯医者でもそれぞれの患者のインプラント治療ニーズや顎骨の状態などによっても
異なっていると考えられています。
そのため、インプラント治療を希望する場合、
インプラント治療を受けようとする歯医者を受診し、
どのような方法がインプラント治療を受けるために
自身の顎骨に最も適しているか相談してみることがおすすめです。

PAGE TOP