岐阜でインプラント治療をお探しの方のための参考サイト

インプラントをもっと詳しく知りたい方へ

骨補填材とは?

岐阜のインプラント治療を専門的に行う歯科医院においては、
インプラント治療を受ける前にあごの骨の高さや厚み、幅や骨密度、歯槽骨の骨量を測定して
インプラント治療に必要なあごの骨の高さや幅、厚みが足りているかどうかを判断します。

しかし、岐阜のインプラント治療で必要なあごの骨の高さや幅、厚みなどが不足している場合には、
骨補填材を使った骨造成法を行い、岐阜のインプラント治療を受ける為に必要なあごの骨の高さや幅、厚みを確保します。
今回は「骨補填材とは?」についてご説明をさせていただきます。

 

■骨補填材とは

骨補填材とは、インプラント治療を受ける患者様の上あごのさらに上にある上顎洞の内部や、
歯槽骨に新たに骨を形成する目的で使用する補填材の一種です。
骨補填材はいわば骨の代わりをしてくれる人工の骨であり、
骨補填材を利用して骨移植を行い骨量を増やす事で岐阜のインプラント治療を受ける為に
必要なあごの骨の高さや厚み、幅などを確保する事が出来ます。

 

■骨補填材が必要となるケースについて

岐阜のインプラント治療で必要なあごの骨の高さや厚み、幅を確保する骨造成法を行うケースでは、
歯が抜けてから年月が経ってしまいあごの骨が吸収されてやせてしまう骨吸収という状態であるケースや、
入れ歯を長年装着してきた事が原因であごの骨がやせてしまっているケース、
そして加齢などが原因であごの骨そのものがやせてしまっているケースなどがあります。

 

■骨補填材を使った骨造成法の種類

岐阜のインプラント治療で用いられる骨補填材を使った骨造成法は以下のような種類があります・

・やせてしまったあごの骨の厚みが5mm以上ある場合に行う「ソケットリフト」
・やせてしまったあごの骨の厚みが5mm以下の場合に行う「サイナスリフト」
・歯が抜け落ちそうになっているほどあごの骨の組織がやせている場合に行う「GBR法」「ボーングラフト」
・軟組織である歯周組織のダメージが激しい場合に行う「GTR法」

これらの骨造成法を岐阜のインプラント治療を専門的に行う歯科医院では
高い技術と豊富な経験を持つ歯科医師が担当しますので、
他院で治療不可能とインプラント手術を断られてしまった患者様でも、
ぜひ一度岐阜のインプラント専門の歯科医院を訪れてみる事をおすすめします。

PAGE TOP