岐阜でインプラント治療をお探しの方のための参考サイト

インプラントをもっと詳しく知りたい方へ

肥満とインプラントの関連性は?

歯科でインプラント治療を受ける肥満の人は
歯周病にかかっている場合が多いといった研究成果が報告されました。
歯周病にかかっている肥満の人は、普通体重の人に比べると、
体内が炎症状態となっている確率が高いと考えられ、
そのため、周辺組織の炎症を原因としている歯周病疾患になりやすいと岐阜の歯医者でも考えられています。

 

肥満の原因は食べ過ぎや運動不足、カロリー過剰摂取といわれていますが、
歯の治療が肥満対策となる場合もあると、岐阜の歯医者でもいわれています。
肥満とインプラントには関連性があるといわれ、
肥満体質の人は虫歯や歯周病などで歯を失いやすい傾向があることも岐阜の歯医者でも指摘され、
そのため、インプラント治療を受けることも珍しくないと考えられています。

 

肥満体質の人が歯を失ってしまう原因は、
砂糖などがたくさん使われた甘いお菓子などを日常的に食べる習慣などがあり、
歯周病や虫歯になりやすくなってしまうことが原因であると岐阜でも考えられています。
このような理由で歯を失ってしまった肥満体質の人がインプラント治療を行うことで、
だらだらと食べるといった食習慣そのものを見直すきっかけになり、
生活習慣の改善につながることも期待されています。
そのことで、肥満の解消効果なども期待されているといえます。

 

また、岐阜の歯医者では、インプラント治療を行うことで、
患者がよく噛んで食事を摂ることができると考えられています。
よく噛むことで時間をかけて食事を摂り、そのことで満腹感も得られやすくなります。
そのため、食事の量が少なくなって、肥満解消効果も期待できると考えられます。

 

歯が抜けてしまうと、噛むことが十分できなくなり、胃腸などにも負担がかかります。
また肩こりなどの体の不調なども生じやすくなるといわれています。
肩こりは血流が悪くなって起こります。
歯の治療行うことは血流の改善にも効果があると岐阜の歯医者でも考えられています。
血流が以前すれば、細胞などに栄養や酸素がしっかりと届けられるようになり、
新陳代謝も活発になります。
新陳代謝が活発になるとカロリー消費量も上がりやすくなりますので、
インプラント治療は肥満の解消効果にもつながります。

 

このように、肥満とインプラントによる歯の治療には関連性があると岐阜の歯医者でも考えられています。
より健康的な生活を送るためには、歯はとても重要な役割を果たしているといえます。
岐阜の歯医者でも、インプラント治療を通した肥満対策が推進されています。

PAGE TOP