岐阜でインプラント治療をお探しの方のための参考サイト

インプラントをもっと詳しく知りたい方へ

チタンインプラントとHAインプラントの違いは?

埋入体は表面形状の違いを基にして、チタンインプラントとHAインプラントに分けられます。
岐阜の歯医者でも埋入体表面形状がチタンのみで構成されている埋入体はチタンインプラントとよばれています。
そして、骨に埋入させる部分の表面がHAコーティングされたものはHAインプラントと呼ばれています。
また、HAとはハイドロキシアパタイトのことを示しています。
HA埋入体の特徴は、顎の中で骨と結合する性質の強いリン酸カルシウムで
コーティングされていることが挙げられます。

 

この物質は歯や骨の構成成分でもあり、
ハイドロキシアパタイトは歯のエナメル質のほとんどを占めている物質です。
象牙質の7割がこの成分で構成されているといわれ、歯磨き粉の成分にもなっています。

 

従来のチタンインプラントでは、どうしても本体と骨に僅かであるものの隙間が生じてしまい、
その隙間から感染菌が侵入して炎症につながるというリスクが岐阜の歯医者でも指摘されていました。

 

HAインプラントは骨との結合性がとても強いため、
そのような隙間からの病原菌の侵入といった課題がチタン製インプラントに比べると改善され、
患者の負担も少ないという点で優れています。

 

また治療期間についても、HAコーティング加工された埋入体は骨との結合性がより高く、
治療期間という点でもチタン製の埋入体よりもその点でメリットがあると岐阜の歯医者でも考えられています。

 

米国のZIMMER社製のカルシティックHAインプラントはHAコーティング体を代表する製品で、
99.5%の非常に高い治療実績をもつHA埋入体です。
世界の歯科医における使用率や支持率が世界でもトップクラスで、
岐阜においても、医師などからの厚い信頼もあるブランドアバットメントといえます。

 

インプラント治療では、より安定したかみ合わせを確保することができ、
岐阜の歯医者でも失った歯の数が多い場合でも、
自身の他の歯を傷つけることなく自分の歯のように噛めるという点でとても注目されている治療法です。

 

また、かみ合せの力が回復したり、審美性も高いという点でも利点のある治療法として、
岐阜の歯医者に通院する多くの患者から支持されている治療方法でもあります。
岐阜の歯医者では、患者の立場に立った診療が心がけられており、
できるだけ患者の治療ニーズに応じた素材を用いて治療をしてもらうことができるようになっています。
岐阜周辺で治療を考えている場合、一度歯医者を受診して、相談をしてみることがおすすめです。

PAGE TOP