岐阜でインプラント治療をお探しの方のための参考サイト

インプラントをもっと詳しく知りたい方へ

GBRとスプリットクレフトの違いは?

GBRとスプリットクレフトはどちらもインプラントを埋入するための骨の量や厚みが
十分でない時に用いられる骨を増やすための治療法です。

 

GBRとスプリットクレフトの違いは、GBRは骨量が足りない場合に用いられる手法であるのに対して、
スプリットクレフトは骨の厚さが足りない時に用いられる治療方法であるという点であると岐阜の歯医者でも考えられています。

 

GBR法は新生骨を造成していくための手法のため、
自身の骨と人工の骨補填剤を混ぜたものをメンブレン膜で覆うことで骨造成を図る方法です。
この膜は特殊な膜で、手術の数カ月後には骨芽細胞が集まり、新たな骨が形成が進んでいます。
新たな骨が形成がなされた場所にインプラント体を埋め込むことで顎骨にしっかりと埋入体を固定することができます。

 

それに対し、スプリットクレフトは骨の厚みの足りない時、
骨を半分にし、その中にインプラント体を埋入させることで行う手法です。
その骨でインプラント体を両側から包み込んで、骨再生後、
しっかりとした骨の厚みを確保するための治療方法です。
この方法はかなり特殊な手法ですので、大学病院などでは行われていますが、
一般的にはあまり多く用いられることはないと岐阜の歯医者でも考えられています。

 

どちらの方法もインプラント埋入のための骨が十分でない時に用いられます。
岐阜の歯医者では、患者の立場に立った治療が行われており、
患者の治療ニーズに応じ、インプラント治療活動が進められています。
岐阜の歯医者では、インプラント治療技術の向上や診査診断のシステム活用や
最新施設設備の導入といった点を通して、
患者の手術後の痛みや腫れをできるだけ抑えることができるように治療に工夫がなされています。

岐阜の歯医者では、インプラントを希望する患者に対し、丁寧なカウンセリングを通して、
顎骨の状態をきちんと確認することでよりその患者に合ったベストな治療方法を提供してもらえるようになっています。

 

そして、岐阜の歯医者では、術後にも噛み合わせなどの変化や、
噛む力のバランスなどの確認についても責任をもって行ってもらうことができます。
また、岐阜の歯医者でもブラッシング指導なども受けることができるようになっています。

 

このようにGBRは骨量が足りない場合に用いられる手法であるのに対し、
スプリットクレフトは骨の厚さが足りない時に用いられる治療方法であるという点が
2つの治療法の違いと岐阜の歯医者でも考えられています。

PAGE TOP