岐阜でインプラント治療をお探しの方のための参考サイト

インプラントをもっと詳しく知りたい方へ

GBRとスプリットクレフトは、どっちがいいの?

GBR法は骨量が足りない場合に用いられる手法で、
スプリットクレフトは骨の厚みが足りない場合に用いられる手法です。
GBRとスプリットクレフトはいずれも顎骨を増やすための治療法であると考えられています。
GBRとスプリットクレフトのどちらがいいかという点については
岐阜の歯医者でもそれぞれの患者の顎骨の状態によって異なると考えられています。

 

スプリットクレフトは顎骨の厚みが足りない時、患者自身の骨を半分にし、
その中にインプラント体を埋入させて行うといった特殊な手術で、
上顎前歯の歯槽骨が4mmない患者でインプラント治療を希望する患者に対して行うために選択される方法です。

 

手術では、極端に薄くなった骨を半分に分割し、その隙間にインプラント体を挿入します。
骨は非常に割れやすいため、歯槽骨を破折しないように細心の注意を払いながら処置が行われることが必要で、
高度な技術力が必要とされる治療であると岐阜の歯医者でも考えられています。
分割した骨でインプラントを両サイドから包み込むことで、
骨再生後は歯槽骨に厚みが確保できるように岐阜の歯医者でも行われています。

 

一方、GBR法は新生骨を造成することで骨量を増やすための治療法です。
患者の骨と人工の骨補填剤を混ぜ合わせたものを特殊膜で覆い、骨造成を進めていきます。
数カ月後には患者の骨芽細胞が集合し、新たな骨形成が行われることで骨の量を確保します。
新たに形成された骨にインプラントの土台を埋め込むことでインプラントを固定させます。

 

岐阜の歯医者では、このような骨を増やすための治療法を選択する際に、
歯科用CTによいる3D画像などを用いることで患者の顎骨の状態を的確に把握した上で治療が行われます。
岐阜の歯医者ではインプラントは「1mmの命取り」と考えられています。
骨に穴をあける外科手術を伴うインプラント治療は、
患者の骨の厚みや高さなどの把握が不可欠です。

 

また、神経や血管などについても明確な把握が必要です。
これらは、今後の治療方法にも大きく影響を与える要因と岐阜の歯医者では考えられています。
そのため、最新歯科用CTなどを用いて患者の顎の状態を正確に把握した上で、
GBRやスプリットクレフトなどの治療方法の選択が行われています。

岐阜の歯医者では患者の治療ニーズを大切にする治療の積み重ねが、
良好なインプラント治療成果に結びついていると考えられています。
岐阜の歯医者では高品質治療を患者に提供するため、
最新の精密機器を用いたりして正確な診断が行われ、
安全で安心な適切な治療法の選択や治療の計画などが立てられています。

PAGE TOP