岐阜でインプラント治療をお探しの方のための参考サイト

インプラントをもっと詳しく知りたい方へ

インプラントをする時にCTは必要か

現在、岐阜のインプラント専門の歯科医院では、
岐阜のインプラント手術に必要であるCTの導入が進んでいます。
岐阜のインプラント専門の歯科医院では全国と比較して多い割合で
岐阜のインプラント手術に必要であるCTの導入が進められていますが、
現在はまだ日本国内のインプラント専門の歯科医院では
インプラント治療の際にCTを使わずレントゲンのみ、という歯科医院が多いのも事実です。
今回は「インプラントをする時にCTは必要か」についてお話をさせていただきます。

 

■インプラント手術はさまざまな患者様のお口の形状を把握しなければなりません

岐阜のインプラント専門の歯科医院で行われている岐阜のインプラント手術は、
フィクスチャーと呼ばれるインプラント体をインプラント手術を受ける
患者様のあごの骨に直接埋め込んでゆく外科的な手術を行います。

 

この為、岐阜のインプラント専門の歯科医院では
インプラント手術を患者様が受ける前に患者様のあごの骨の高さや厚み、
骨量や骨密度などの正確な情報を岐阜のインプラント専門の歯科医院であらかじめ周知しておく必要があります。

 

岐阜のインプラント専門の歯科医院ではCTを導入して
3次元の映像でインプラント手術を受ける患者様のあごの骨の高さや厚み、
あごの骨の幅などを測定する事が可能ですが、
一般的な他のインプラント手術を行う歯科医院ではCTを導入しておらず
パノラマレントゲンやデジタルレントゲンのみでインプラント手術を実施する歯科医院も少なくありません。

 

確かに、パノラマレントゲンやデジタルレントゲンでも
インプラント手術を受ける患者様のあごの骨の歯槽骨の高さや厚み、幅といった情報は確認する事が出来ます。

 

しかし、これらのレントゲンだけでは下あごの下方にあるオトガイ孔と呼ばれる動脈や静脈、
あごの感覚をつかさどる神経が走っている器官の形状を詳しく確認する事が出来ないというデメリットがあります。

 

これはどういう事かと言いますと、レントゲンのみでインプラント手術を行ってしまうと、
オトガイ孔などの神経の束が通っている箇所を傷つけてしまうおそれが少なからずある、という事です。

 

また、岐阜のインプラント専門の歯科医院であればもう少し深くインプラント体を埋め込む事が出来るのに、
パノラマレントゲンやデジタルレントゲンでは3次元の神経の通り道などの画像を確認出来ず、
どうしても浅めにインプラント体を埋めてしまう術例も多く、インプラント体の安定性にもCTの存在は関係しています。

 

岐阜のインプラント専門の歯科医院では一般的なインプラントの為のCTですが、
今後日本国内全体でインプラントの為にCTを撮影する歯科医院が増えてきて欲しい、といった声が
インターネット上の歯科関連サイトでの書き込みとして、また患者様のご意見として叫ばれています。

PAGE TOP