岐阜でインプラント治療をお探しの方のための参考サイト

インプラントをもっと詳しく知りたい方へ

インプラントの手術にオペ用ライトは必要か?

数ある歯科治療の中でも患者様のあごの骨である
歯槽骨に直接インプラント体であるフィクスチャーを埋め込むインプラント手術は、
難易度の高い歯科分野の外科手術でもあります。

 

岐阜のインプラント専門の歯科医院で行われる外科手術であるインプラント手術は、
オペ用の器具を取り揃えて行われますが、
近年日本のインプラント治療においては岐阜のインプラント専門の歯科医院で
オペ用ライトを利用する岐阜のインプラント専門の歯科医院が増えてきています。
岐阜のインプラント専門の歯科医院ではオペ用ライトの導入が進んでおり、
岐阜のインプラント専門の歯科医院でのインプラント手術の際にも視野が広がり明晰になる、と高い評価を得ています。
今回は「インプラントをするときに、オペ用ライトは必要?」について詳しく解説させていただきます。

■オペ用ライトは術者の視野を広げてくれる

岐阜のインプラント専門の歯科医院で行われるインプラント手術は
高い技術と難易度の外科的手術を患者様に行う事となります。
その為、岐阜のインプラント専門の歯科医院ではインプラント手術中に
術者である歯科医師の手元を明晰に照らしてくれるオペ用ライトを導入する歯科医院が増えてきています。

 

インプンラント手術におけるオペ用ライトは現在、
インプラント手術用の専用ライトが販売されており、
日本国内のインプラント手術を行う歯科医院では
多くの歯科医院がインプラント手術用のライトを導入しています。

 

■一般的な歯科用ライトではインプラント手術に不安が残る

岐阜のインプラント専門の歯科医院で導入が進んでいるインプラント手術用のオペ用ライトですが、
以前の日本の歯科医院では多くの歯科医院がインプラント手術用のライトが未導入の状態で、
インプラント手術を行う部屋の照明と歯科医師用のライトのみを使用してインプラント手術を行っていました。

 

しかし、インプラント手術用のオペ用ライトではない通常の部屋の照明器具による照明や、
歯科医師がむし歯治療で利用する歯科用ライトでは、
インプラント手術時の術者の手元を明晰に照らし出す事が出来ない為、
現在ではインプラントのオペ用のライトを日本全国の歯科医院が導入し始めています。

PAGE TOP