岐阜でインプラント治療をお探しの方のための参考サイト

インプラントをもっと詳しく知りたい方へ

ソケットリフトとサイナスリフトどっちがいいの?

インプラントの治療を行う場合、骨量が十分に足りていることが前提となります。しかし、骨量が足りないと診断された場合でも、インプラントを無理にあきらめる必要はないと岐阜の歯医者でも考えられています。顎骨の量や幅などは様々な方法で増やすことが可能です。骨量が増えたことを確認してからインプラント治療を受けることが可能であると岐阜でも考えられています。  顎骨を増やすことを骨造成といいます。骨造成...

MORE...

自家骨 他家骨 β-TCPどれがいいの?

インプラント治療を希望するけれども、骨量が足りないという理由でインプラント治療を受けられない場合には、顎骨を増やすことで、厚みを増やしたり、高さを増やしたりする骨移植を受けられる場合もあります。インプラントの骨造成において代表的なものに、自家骨や他家骨、β-TCPがあります。 自家骨は自身の骨ですので、馴染みやすいといった大きなメリットがある方法です。しかし、自家骨を使用することによって...

MORE...

ストローマンインプラントとは?

日本国内のインプラント治療を専門的に行う歯科医院や、岐阜のインプラント治療を専門的に行う歯科医院では今までインプラント治療のスタンダードとされてきたブローネマルクインプラントに変わり、あごの骨との結合力が早いストローマンインプラントを導入する歯科医院が増えてきています。 ストローマンインプラントは従来のブローネマルクインプラントよりもインプラント体であるフィクスチャーとあごの骨である歯槽...

MORE...

骨補填材とは?

岐阜のインプラント治療を専門的に行う歯科医院においては、インプラント治療を受ける前にあごの骨の高さや厚み、幅や骨密度、歯槽骨の骨量を測定してインプラント治療に必要なあごの骨の高さや幅、厚みが足りているかどうかを判断します。 しかし、岐阜のインプラント治療で必要なあごの骨の高さや幅、厚みなどが不足している場合には、骨補填材を使った骨造成法を行い、岐阜のインプラント治療を受ける為に必要なあごの骨の高さ...

MORE...

肥満とインプラントの関連性は?

歯科でインプラント治療を受ける肥満の人は歯周病にかかっている場合が多いといった研究成果が報告されました。歯周病にかかっている肥満の人は、普通体重の人に比べると、体内が炎症状態となっている確率が高いと考えられ、そのため、周辺組織の炎症を原因としている歯周病疾患になりやすいと岐阜の歯医者でも考えられています。  肥満の原因は食べ過ぎや運動不足、カロリー過剰摂取といわれていますが、歯の治療が肥...

MORE...

チタンインプラントとHAインプラントの違いは?

埋入体は表面形状の違いを基にして、チタンインプラントとHAインプラントに分けられます。岐阜の歯医者でも埋入体表面形状がチタンのみで構成されている埋入体はチタンインプラントとよばれています。そして、骨に埋入させる部分の表面がHAコーティングされたものはHAインプラントと呼ばれています。また、HAとはハイドロキシアパタイトのことを示しています。HA埋入体の特徴は、顎の中で骨と結合する性質の強いリン酸カ...

MORE...

GBRとスプリットクレフトの違いは?

GBRとスプリットクレフトはどちらもインプラントを埋入するための骨の量や厚みが十分でない時に用いられる骨を増やすための治療法です。 GBRとスプリットクレフトの違いは、GBRは骨量が足りない場合に用いられる手法であるのに対して、スプリットクレフトは骨の厚さが足りない時に用いられる治療方法であるという点であると岐阜の歯医者でも考えられています。  GBR法は新生骨を造成していくた...

MORE...

GBRとスプリットクレフトは、どっちがいいの?

GBR法は骨量が足りない場合に用いられる手法で、スプリットクレフトは骨の厚みが足りない場合に用いられる手法です。GBRとスプリットクレフトはいずれも顎骨を増やすための治療法であると考えられています。GBRとスプリットクレフトのどちらがいいかという点については岐阜の歯医者でもそれぞれの患者の顎骨の状態によって異なると考えられています。 スプリットクレフトは顎骨の厚みが足りない時、患者自身の...

MORE...

インプラントをする時にCTは必要か

現在、岐阜のインプラント専門の歯科医院では、岐阜のインプラント手術に必要であるCTの導入が進んでいます。 岐阜のインプラント専門の歯科医院では全国と比較して多い割合で岐阜のインプラント手術に必要であるCTの導入が進められていますが、現在はまだ日本国内のインプラント専門の歯科医院ではインプラント治療の際にCTを使わずレントゲンのみ、という歯科医院が多いのも事実です。 今回は「インプラントをする時にC...

MORE...

インプラントの手術にオペ用ライトは必要か?

数ある歯科治療の中でも患者様のあごの骨である歯槽骨に直接インプラント体であるフィクスチャーを埋め込むインプラント手術は、難易度の高い歯科分野の外科手術でもあります。 岐阜のインプラント専門の歯科医院で行われる外科手術であるインプラント手術は、オペ用の器具を取り揃えて行われますが、近年日本のインプラント治療においては岐阜のインプラント専門の歯科医院でオペ用ライトを利用する岐阜のインプラント...

MORE...

1 / 712345...最後 »

PAGE TOP